農業協同成都防衛軍本営
三國志Online 泰山サーバー 蜀漢防衛記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに桃が・・・

認めたんです。
桃が・・・ついに・・・1
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:三國志online - ジャンル:オンラインゲーム

せんぢょーのめりーくりすます

しん・・・と静まり返る森。
生物の息吹も、風さえも無い静寂の闇。
音を立てる事をはばかるかのように静かに振る雪。
街ではこの場所とはうってかわってお祭り騒ぎ。
光溢れ喧騒が響いていることであろう。

今夜はクリスマスイブ

クリスマスに向けて皆がテンションを上げていた。

「フタサンマルマルマル、各員持ち場に着け」
インカムをつけた屈強な体つきの男が身をかがめてつぶやく。
闇の中ほんのわずか、木々がゆれる。
森の中に男達が散って行く跡である。

「あと1時間か・・・」
男は空を見上げて白い息を吐いた。
悲しさの溢れる目をしていた。
そのままずっと空を見上げ、時が過ぎた。
男はインカムに手を当てた。
いつからそこに居たのか初老の男が声を掛ける。
「そろそろかと」
「うむ」
男は初老の男にうなずき、インカムに声を当てた。

「各員戦闘配備、安全装置解除、だが早まるなよ」
冷静に各員、森に散った者達に伝えた。

やがて、静けさの中に西の空が明るくなった。
男がその方向に目をやった瞬間、
爆音が辺りを襲った。
遠い空、光の中から点が無数に飛んでくる。
その点がやがてフォルムがわかる頃、地上からも轟音が響く。
「一番隊対空砲砲撃始めっ」
先ほどとはまるで人が違うという程声を荒げた男が手を振りおろす。
「対空ミサイル順次発射、外すなよっ」
「予想より速い、2番隊もう少し東へ」
「1番隊できるだけ粘れ、ええい逃げた者は放っておけっ」
悲しい目の男と、初老の男は次々と指令を出す。

空と地の大演奏の中、点はどんどん近づいてきて、
やがてその姿がはっきりと見えた。
ソリ状の金属らしい箱、そしてやはり金属らしいツノを持った四足動物がその箱を引いている。
その物体が、雪の上ではなく空を飛んでいる。
およそ普通にはありえない光景だが、その事には誰しもが疑念を抱いていないようだ。
そもそも形状的にも空を飛ぶ事を想定していない。
その箱の中から声がした。

「ハッハッハー!メリークリスマース!プレゼントだ坊や達」

その声が終わるか終わらないかの内に、
ヒューヒューと音が鳴ったかと思うと、地上では各地で爆発が起こる。
爆風は木々を揺らし、やがて地上で少し違った爆発音を呼ぶ。
対空車両などが爆破されているようだ。
静かだった森は轟々と燃え、機銃音と爆発音が音楽を奏でる。
空をソリが飛び、光も飛び回る。
一種の幻想的な風景である。

「今年はやけに数が多いですなぁ」
ロケットランチャーを肩に乗せ、発射してからつぶやく初老の男。
「あちらにもメンツってものがあるのだろうな、2番隊退がれ」
インカムで指示を出しつつコンピュータに何かを打ち込んでいる。
爆風はもうここまで届いてきているようだ、
男の髪が時々揺れる。
徐々に、森の中心へと空の数々の物体はやってきた。
男の居る所まであとわずかという所。
男は空をちらっと見上げつぶやく。
「メリークリスマス」
そしてエンターキーをそっと押した。

男がつぶやく前、
5分ほど、奇妙な時間があった。
対空砲は止み、空から来る風きり音と爆音だけになった時。
そして5分後。

森は消えた。

「見事にかかってくれましたな」
初老の男が双眼鏡で森があったほうを眺める。
消えたとは正確には違い、木々のかけらが散々に転がっている。
そしてその場にそぐわない金属のかけらも。
それらは夜が明けそうな程時間が経った今でも電気を発している。
それは空に飛んでいた物体の一部。

「各隊見事だった、各々帰還せよ」
男がインカムにまた、静かに声を当てる。
「スコアは3番隊がトップだな、だが前陣の働きがあったからこそだ。それを忘れるなよ」
「81機、去年よりさらに落とした」
「毎年撃墜数は軍で一番だからな、数は今年はあちらさんの数のおかげだろう」
男が歩き、初老の男の前に立ち、空を見上げた。
「さて、帰ろうか」
初老の男はがくっと膝をついた。
男の手にはまだ硝煙の残る銃、初老の男の手にはリボンのついた箱があった。
「ハッピーニューイヤー」
初老の男はぞっとするほどの笑みを残してつぶやき、倒れた。
「サンタ82機か・・・中隊としてもトップだな」
男は静かに佇んだ。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

なんとなくクエスト3

おきなさい おきなさい わたしのかわいい える や

プロフィール

衛流

Author:衛流
[国籍]蜀漢
[官位]七品官

[所属] 趙雲将軍
[部曲] 農協成都防衛軍第三歩兵師団
[階級] 三等農佐

[武装] ナタ・おなべのふた

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。